コラーゲンマシンの仕組みについて。

TOP > コラーゲンマシンとは?! > コラーゲンマシンの仕組みについて

☆コラーゲンマシンの仕組みについて

コラーゲンマシンはヨーロッパが主流の美容法です。
日本国内で流通しているコラーゲンマシンは、主にオランダ製のものが多く、最近はエステサロンなどを中心に幅広く導入されつつある最先端の美容機器です。

コラーゲンマシンの専門店も近年は多くなってきました。

☆コラーゲンマシンの使い方と仕組み

コラーゲンマシンの使い方と仕組み 実際のコラーゲンマシンの仕組みについてですが、まず使い方は、細長い筒状形をしたカプセルで、扉を開けて中に仰向けになって横たわり、扉を閉めて一定時間光を浴びるという流れとなります。

使用イメージは、ちょうど、日焼けマシンのようなものだとイメージしてください。

そして内側の仕組みについては、波長が633nm(ナノミリメートル)の可視光線を発射する細長い、ちょうど蛍光灯のような形のランプがキレイに並べられ、備わっています。
衝撃から保護するために、ランプはアクリル板でカバーされています。

照射を開始すると、ランプが縦にくるくる回転し始めます。

☆仕組みの大きな要素を占める可視光線について

仕組みの大きな要素を占める可視光線について 上記に記したコラーゲンマシンの仕組みの大きな要素を占める可視光線についてです。

可視光線は、人の目に見える範囲のピンク色をした光で、太陽や照明などにも含まれています。 特に400nm~600nmの波長の可視光線は、医療分野でも自然の治癒力を高める作用があると認められており、健康や美容に効果があるという研究報告もなされています。

そもそも乾燥や紫外線により、表皮の奥の真皮にある、コラーゲンやエラスチンという潤いや弾力をもたらす成分は破壊されます。
更にコラーゲンなどの美肌成分を生成する線維芽細胞を衰えさせるため、肌が張りや弾力を失って、シワやくすみなどを作ります。

コラーゲンマシンから肌に向かって発射される可視光線は、真皮に届いて光の作用で衰えた線維芽細胞を活性化させ、元気にして再びコラーゲンの生成を促します。

このような仕組みで、コラーゲンマシンの効果については多くの美容好きの女性たちから支持されているのです。

☆コラーゲンマシンは、ダイレクトに働きかける!?

コラーゲンマシンは、ダイレクトに働きかける!? 加齢と共にコラーゲンはどんどん減少していき、体内で作られなくなるので、どうしても外から補う必要があります。
コラーゲンを補う為には、様々な方法があります。

食べ物や飲み物、サプリメント、化粧品、マスクなど…、近年は美容とコラーゲンの関係性について広く知れ渡っていますので、様々なツールが用意されています。

しかし、コラーゲンを含む食べ物や化粧品、サプリメントなど…では、直接線維芽細胞に作用しない為、満足のいく量のコラーゲンが生成できません。

ところが、コラーゲンマシンから発射させる可視光線は、ダイレクトに線維芽細胞に働きかけるとされています。

肌の奥で自然とコラーゲンが再生を始めるため、画期的な美容機器だと言われているのです。

可視光線という画期的なツールによって、ダイレクトに働きかける事ができるという仕組みが、コラーゲンマシンが他のコラーゲンを補うアイテムよりも優れているといわれる所以です。

コラーゲンマシーンについてのカテゴリー関連記事♪

Sponsored Links
Copy right(c) 2016-2019 コラーゲンマシン@サロンナビ All Rights Reserved.
Copy right(c) 2016-2019 コラーゲンマシン@サロンナビ All Rights Reserved.