コラーゲンとは?。

TOP > コラーゲンマシンとは?! > コラーゲンとは?

☆コラーゲンとは?

コラーゲンとは? コラーゲンマシンは、その名の通りコラーゲンの働きが注目されたマシンです。
コラーゲンを浴びるのではなく、生成するのがコラーゲンマシンです。

実際にコラーゲンとは?どのようなものなのかをご説明します。
そもそもコラーゲンというのは、アミノ酸がたくさん集まってできたタンパク質の一種で、体内では皮膚や筋肉、肝臓などの内臓器官や骨や血管などあらゆる部位に含まれています。

コラーゲンは体内の全タンパク質の3割に相当し、全コラーゲンのうち、主に4割は皮膚内に、次いで2割は骨に存在しています。

タンパク質は、体内でエネルギーを生成したり、筋肉を増強するといった作用がありますが、コラーゲンは主に体内に並んでいる細胞間に存在しており、細胞同士をくっつけたり、細胞をキレイに並べる役割を担っています。

内臓や骨などを形作り、細胞同士が離れないように支えたり、たくさんの細胞をまとめたりしています。

☆それぞれの働き

皮膚内にあるコラーゲンとは、肌に潤いや弾力をもたらし、肌トラブルを修復する働きをします。

また骨にあるコラーゲンとは、骨と骨との間のクッションのような役割をして、外からの衝撃を和らげます。

血管にあるコラーゲンとは血管をしなやかにして、血液が流れやすい環境を整え、臓器にあるコラーゲンは、各臓器の機能を高める働きをしています。

こうしてみると、コラーゲンとは体の各部位で重要な役割を果たしていることがわかり、人の体になくてはならないものだと言えます。

そのコラーゲンの生成に役立つのがコラーゲンマシンとなるのです。

☆コラーゲンと老化

体に含まれるコラーゲンは10代が最も多く、代謝機能も活発なのでフレッシュなコラーゲンがどんどん生み出されています。

しかし、加齢と共に体内のコラーゲン量はどんどん減る一方で、代謝機能も劣るのでコラーゲン自体の働きも悪くなってしまいます。

古くなったコラーゲンは、固くなって水分が失われ、パサパサの状態になって老廃物として体内に留まります。

すると、肌から徐々に弾力や張りが失われたり、関節の動きが悪くなったり、血管が硬くなってしまったりと体内で老化による色々なトラブルが起こり始めます。

コラーゲンが減った状態が続くと、体の老化が進んでしまいます。
各トラブルを解消するためには、加齢と共に減り、代謝機能が衰え、古くなったコラーゲンを上手に補う必要があります。

補い方は様々です。
サプリや食事といった方法も主流でありますが、いま最も人気が高いのはやはりコラーゲンマシンです。

コラーゲンマシンは、真皮層というお肌の奥まで可視光線を届かせるため、即効性が高く、コラーゲンの生成に役立つとされているのです。

コラーゲンについてのカテゴリー関連記事♪

Sponsored Links
Copy right(c) 2016-2020 コラーゲンマシン@サロンナビ All Rights Reserved.
Copy right(c) 2016-2020 コラーゲンマシン@サロンナビ All Rights Reserved.